TOP DNAでルーツを辿るとは? DNAのルーツを知ると
何がわかるのか
2.0キットで詳しく分かる事

2.0キットで詳しく分かる事




私たち現代人の祖先がユーラシア大陸を通って移動してきました。
祖先は他の人類種に出会い、今や絶滅しているネアンデルタール人とデニソワ人と異種交配をしました。
今日のアフリカの外で生まれたほぼ全員の遺伝子構造は、1~4%のネアンデルタール人とデニソワ人の遺伝子を持っています。
常染色体の解析については、各人の常染色体のDNAパターンを示すだけではなく、ヒトのゲノムを構成する代表的な9つの祖先の出身地域
(北東アジア・地中海・南部アフリカ・南西アジア・オセアニア・東南アジア・北ヨーロッパ・サハラ以南のアフリカ・ネイティブアメリカン)
の人々との混成歩合(ブレンド度合い)を明らかにできるジェノチップ(GenoChip)と呼ばれる方式を採用している。
これにより、現在の自分がいずれの国(地域の人)たちと近似しているかを数値的に表したり、ネアンデルタール人やデニソワ人と共通している割合なども表示することが可能です。

2.0のキットでDNAを調べる事で男性なら『Y染色体』と『ミトコンドリア』を調べることができます。 また通常ではハプログループ『D』等、大まかな結果しか出ない所を、2.0ではサブグループ『D4a』等、詳細に結果が出ますので、より深くご自身のDNAについて知ることができます。